[ホーム][ネチケット千夜一夜]

第16夜 ホームページ(2)

SSの画

あのね。
今回はホームページを運営する場合の問題点についてお話します。


アダルト画像

ホームページに『わいせつな画像』を載せると問題になることがあります。

わいせつの基準
わいせつの定義や基準は実のところ、私は知りません。
どの程度で18歳未満は禁止なのか、どの程度で18歳以上でもダメなのかはわかんないです。
アダルト雑誌やアダルトビデオに合わせてるかもしれませんが、私はよく知りません。

あと美術・医学・性教育などの分野ではこの基準は変わるのかどうか、ということも知らないです。

規制することの是非
私自身、これがはっきりしてません。
『見たい人には自由に見せていいんじゃない?』
『過激なものを小さい子に見せることは問題かな?』
『子供にも見る権利はあるかも』
『わいせつな情報が増えると、そこの品位が下がるかも』
『理屈はともかく、見たいものは見たい』

んー……全然まとまりません。
わいせつな情報に関する議論はいろいろな場所で行われていると思うのですが、『真面目な議論』も難しいですね。
意見の中で『わいせつな表現』や『本音』がでますから。(謎)

どこに画像データがある?
今の日本の法律だと、生殖器などが写った無修正画像のデータファイルが日本のハードディスクにあると、かなりやばいです。
これをホームページで公開した場合、警察の世話になることも覚悟しましょう。

他に、わいせつ画像には以下の論点がありますが、今回は省略します。
(いずれ詳しく書くかも……)

『わいせつ画像が海外のハードディスクにある場合』
『他のアダルトサイトの画像をイメージタグで表示させた場合』
『他のアダルトサイトにリンクしただけの場合』
『モザイク処理をした画像を置き、画像処理ソフトを紹介した場合』


著作権

テレビアニメや雑誌のグラビアやCDレーベルの取り込み画像を自分のページに無断で載せていいのでしょうか?
結論から言うとダメです。

実状では、勝手にそういう画像を載せているページはいくつもあると思います。
「他の人もやってるから、自分も違法行為がやりたい!」と考える気持ちは、私にもあります。(汗)

ホームページでの著作権に関しては、現在の法律では解釈が難しい部分もあるようですね。
他人の著作物を使う場合は、『著作者に許可をもらう』とか『どうすれば無許可で使用できるか』を考えてください。

また、「文化の発展の為には、著作権を廃止した方がいい」と考える人もいます。
あるデータを誰かが独占するのではなく、自由に利用できるようになれば、より優れたデータが生み出されるようになる……というものです。

最近は『PDS』という形態のフリーソフトや『版権フリー素材集』などがでています。
こういうものは著作者への連絡なしで利用できます。
(どこまでの範囲で使用が許可されているかは、説明書に従ってください)

あなたがもし絵を描く能力や作曲する能力、フリーソフトを作る能力がありましたら、『版権フリーデータ』を作ってみませんか?


肖像権

誰かの顔写真などを、当人に無断で公開すると違法になります。
写真を加工・編集して『別人』にすればいい、というものでもありません。

アイドルコラージュといって、アイドルの顔写真と別のアダルト画像を合成する遊びもあるようですね。
自分の趣味で楽しむ分にはいいでしょうが、公の場で出せば問題です。


言論の自由・表現の自由

ホームページに載せない方がいい情報は色々あります。
誰かに対する悪口、誹謗中傷、著作権侵害、わいせつ画像、プライバシー侵害、毒ガスの作り方……など。
他にもあるでしょうね。

こういった情報を規制することは、『表現の自由』や『言論の自由』に反するのではないか、という意見もあります。

しかし、『表現の自由』や『言論の自由』も他人の権利を侵害できる自由ではありません。
違法行為ができる自由でもありません。

多くの場合、ホームページでの違法行為は匿名で行われます。
自分の正体を隠して他人に迷惑をかける……という人に『表現の自由』や『言論の自由』などがあるのかどーか疑問です。


プロバイダの責任

あるユーザーが自分のホームページで違法な情報、例えば他者の権利を侵害する情報やわいせつ画像などを公開したとしましょう。
この場合、そのデータを置いてあるプロバイダに管理責任はあるのでしょうか?

これは人によって意見が異なると思います。

『ユーザーのデータに関してはプロバイダには責任がない』と考えと
『プロバイダには全てのデータに関して責任がある』という考えですね。

人によって意見が異なるし、プロバイダによっても考え方が異なっていると思います。

私自身は、基本的には『プロバイダには責任がない』と思います。
ただし、たいていのプロバイダでは違法行為を禁じているはずです。ユーザーのページで違法行為が判明した場合、プロバイダの利用規約に従って対処して欲しいと思います。


CGI

CGIというのはWWWサーバーを操作するプログラムです。

これを利用するとホームページに『アクセスカウンター』『チャット』『電子掲示板』『占い』『ゲーム』などを設置できます。

でも、プログラムに不備があった場合や利用者が多数いた場合、WWWサーバーに負担を掛けすぎることがあります。
そのせいで同じプロバイダの全てのホームページの表示が遅くなることがあります。
最悪の場合、WWWサーバーをダウンさせる危険性もあります。
CGIを利用する人は、責任と自覚を持って利用してください。 これは自分のページだけでなく、他の人のページを訪れた時にも言えることです。


ホームページ運営の心構え

ホームページを運営するときは、「見に来た人のことを考える」というのが大切です。
あなたのページを見る人は、課金と電話代と時間を費やして見てくれたのです。

『見に来た人に満足してもらえる内容』で『後日、また見たくなる内容』にしましょうね。

ホームページの内容は定期的に更新しましょう。
どんなに優れた内容でも、更新しなければ1度しか見てもらえません。

あなたも『COOLなページ』を目指してください。

(蛇足)
優れたページはCOOLやHOTと称されます。
しかし、私のページはそう呼ばれることがまだ少ないです。(汗)
「くそ〜……今に見てろよ〜」


第17夜・メーリングリスト][ネチケット千夜一夜

(注)
このコーナーではアホリアSS個人の独断的な考え方も混じっているかと思います。
ご意見ご要望などはメールでお願いします。


E-Mail:roadist@nifty.com:アホリアSS宛


Googleコマーシャル: