[ホーム][ネチケット千夜一夜]

第17夜 メーリングリスト

SSの画

あのね。
電子メールを使って、複数の人達と意見交換をする場合、メーリングリストが便利です。
今回はメーリングリストについてお話します」


メーリングリストとは

メーリングリストとは、電子メールを使って電子会議室のような利用ができるものです。

メーリングリストは独自のメールアドレスを持っています。利用者がこのアドレスにメールを送ると、それが全ての利用者に届きます。

例えば、『オタクブラザーズ』という名前のメーリングリストがあったとします。
ここのメールアドレスが『otaku@ml-roadist.gegebo.com』だとしましょう。

もし、あなたがメーラーを使って『otaku@ml-roadist.gegebo.com』にメールを出すと、そのメールがあなたも含めて利用者全員に届きます。

(注)
『otaku@ml-roadist.gegebo.com』は架空のアドレスです。このようなアドレスは存在しません。
やろうと思えば新規で作れるかもしれませんが、やんないでくださいね。(汗)


メーリングリストの利点

ネットニュースやWWWでの電子会議室と比べて、ネットニュースの利点は何があるでしょうか?

ネットニュースはニュースリーダーがいりますし、ホームページの電子掲示板を使うときはWWWブラウザが必要です。 メーリングリストに必要なのはメーラーだけです。電子メールさえ送受信できるなら、これが利用できます。
携帯情報端末などでも利用しやすいですね。

最近は大手のパソコン通信ならインターネットとメールのやりとりができるところもあります。
この場合、パソコン通信にしか接続できない環境でも、メーリングリストを利用できます。

また、多くの人は電子メールを定期的に見ているはずです。
ネットニュースや電子掲示板より身近な存在となり、情報が確実にあなたの元に届きます。


メーリングリストへの参加

インターネット関連の書籍や雑誌で、いろいろなテーマのメーリングリストが紹介されています。

Googleなどのサーチエンジンで、『メーリングリスト』というキーワードで検索しても多数見つかるでしょう。
他のキーワードも組み合わせて検索すれば、面白いメーリングリストが見つかるかもしれませんね。

参加者を募集しているメーリングリストであれば、その管理者に参加を申し込んでみましょう。
どういうテーマのメーリングリストなのか、独自のルールや風習(?)がないかも確認しておきましょう。

気に入ったメーリングリストが見つかったら、参加の申し込みをしましょう。
メーリングリストによって申し込み方法が異なると思います。

(注)
メーリングリストの管理が『自動』か『手動』かによって、利用方法や退会方法が異なります。

いずれにせよ、ウェブページで紹介されているメーリングリストであれば、申し込み方法が書かれているはずです。
それに従ってください。また、参加資格や利用規定などが書かれていましたら、それも必ず読んでおいてください。
当然のことですが、入会時には『自分のメールアドレス』を間違えないように気をつけてください。


メールはこまめに読みましょう

メーリングリストのよっては、1日に数十件のメールが届くことがあります。
1日1回はメールを読むようにしましょう。
1週間ほどメールを見ていなかったら、いつのまにか数百件のメールがたまってた、なんてことも考えられるわけです。

また、メールというものはプロバイダなどにあるメールボックスにたまります。
メールボックスが一杯になるとメールの受信ができなくなります。

自分のプロバイダのメールボックスが何MB(または何通)まで貯えられるかを確認しておいてください。

旅行とか機材の修理などでしばらくメールを受け取れなくなる場合、メーリングリストの利用を一時的に止めた方がいいですね。


メーリングリストのマナー

他の人の迷惑にならないこと、機種依存文字を使わないように気をつけることなど、
これまで紹介した『電子メール』や『電子会議室』のマナーとだいた同じです。

メーリングリストによっては、『メールのタイトルは英字で書くこと』だとか
『規定のテーマ以外の話題は控えること』などの、独自ルールがあるかもしれません。

電子会議室のマナーと大きく異なるのは『過去の記録』についてです。
電子会議室で何か質問する場合は、その前に同様の質問がされてないか調べた方がよいですね。

でも、メーリングリストでは『過去の記録』があるかどうかはそのメーリングリストによって異なっています。
メーリングリストによっては過去の発言そのものやダイジェスト版のもの、FAQなどがまとめられているかもしれません。
入会時に確認しておいてください。

また、画像やプログラムなどの『添付ファイル』をメーリングリストに出すのは止めた方がいいです。
そのデータは利用者の数だけ複製され、何十、何百倍にもなってネットワークを流れます。
回線を混雑させる原因になるんですね。

自分が出したメールが『利用者全員に送られる』ということを気に留めておいてください。


自動管理と手動管理

先ほども書きましたが、メーリングリストには自動で管理されているものと、手動で管理されているものがあります。

メーリングリストの入会や退会、一時的に受信を止めるときなどの手順は、この管理方法によって異なります。

自動で管理されている場合は、管理用のアドレスに操作用のコマンドを書いたメールを出します。

手動で管理されている場合は、管理者あてに依頼のメールを出します。

いずれの場合も、『管理用のメールアドレス』か『管理者のメールアドレス』が用意されています。
『メーリングリストそのもののアドレス』に出さないように気をつけてください。


メーリングリストの開設

新しいメーリングリストを開設するには、まず自分が入会しているプロバイダがそのサービスをやっているかどうか確認しましょう。

自分の入会しているプロバイダがメーリングリストの開設サービスをやっていない場合は、一般のものを利用することになります。
Yahoo!などのサーチエンジンを使って『メーリングリストサービス』というキーワードで検索すればいくつか見つかります。


第18夜・チェーンメール][ネチケット千夜一夜

(注)
このコーナーではアホリアSS個人の独断的な考え方も混じっているかと思います。
ご意見ご要望などはメールでお願いします。


E-Mail:roadist@nifty.com:アホリアSS宛


Googleコマーシャル: