[ホーム][ネチケット千夜一夜]

第8夜 電子会議室

SSの画

あのね。
電子会議室というと、私はパソコン通信のサービスかネットニュースを思い浮かべます。
でも、最近は「Web裏技」「KENT-WEB」などフリーのCGIを提供してくれるページができ、電子会議室を設置したページが増えていますね。

今回はホームページにある電子会議室を主に扱います。
(掲示板とか伝言板ともいわれてますね)


規約を読みましょう

電子会議室には、注意事項や利用規約が書かれていることがあります。
これらは必ず読み、当然それを守るようにしましょうね。

規約がない場合でも、やらない方がいいことがあります。

ただ、以下で『書かないほうがいい』と解説していることでも、会議室によっては許可(または推奨)されている場合もあります。


他の発言を読みましょう

自分の意見を書くだけで、他の発言をまったく読まない……というのは問題ですね。

会議室を利用するとき、他の人の発言を読みましょう。もちろん全部読めというわけではありません。
最近のものに目を通す程度でいいと思います。


会議室のテーマ

どんな話題でも自由に書き込める電子会議室もあります。

でも、中にはテーマをもった会議室もあります。
意見交換する中で、話題が会議室のテーマからずれたものが出ることはあります。
でも、初めからいきなりテーマとかけ離れた書き込みをするのは失礼ですね。

テーマが決まっている会議室では、そのテーマに沿った発言をしましょう。


ヒンシュク発言

悪口・暴言など、他の人が嫌がるような発言は控えましょう。
書いている本人が『正当な行為』と思っている場合もありますが、読者を不快にします。

あと、下品すぎる話題も控えましょう。
その会議室のイメージダウンになり、利用者全員に被害を及ぼすこともあります。

もちろん、著作権に抵触することやプライバシー侵害になるような発言も控えましょう。


誰が読んでいるかわからない

会議室の内容は、誰が読んでいるのかわかりません。プライベートな情報を書くのはやめましょう。

イタズラ電話や勧誘ダイレクトメールを招くことになりかねません。


タグに注意

電子会議室によっては、HTMLのタグというものが使える場合があります。
発言にタグを組み込むと、文字に色をつけたりセンタリングしたり、文字サイズを変えたりできます。

『文を読みやすくするため』にタグを入れるならともかく、単に『目立たせるため』にタグを使うと読みにくくなることが多いです。

また、タグの使い方を間違えると、他の人の発言まで読みにくくする恐れもあります。
使う時はよく注意してください。

以下のイタズラは絶対にやめましょう。
ヒンシュクを買うだけでなく、下手をすると告訴されて社会的信用を失うことにもなりかねません。

  • 間違ったタグをわざと使って他の発言に影響を与える。
  • イメージタグで下品な絵を表示させる。
  • ある種のスクリプトにリンクさせ、スパムメールやクラッキングを行う。

  • 何かの質問をする時

    知りたいことがあるとき、あるいは困ったことがある時、会議室に質問を書く場合があります。

    この場合、以下の点に注意してください。

    同じQAが過去にされてないか確認する

    あなたが知りたい事は、すでにその会議室に書いてあるかもしれません。

    なるべく詳しく書く

    自分の知りたい事で、自分がどこまでわかっているかをできるだけ書くようにしましょう。
    『私は何もわかりません』などというのでは回答する人が困ります。
    特に、パソコンに関する質問をする場合は、どんなパソコンを使ってるか、どんなソフトを使っているかも書きましょう。


    発言する前に、1度読み直しましょう

    メールのところでも書きましたがこれは大切です。
    半角カタカナなどの機種依存文字を使ってないかを見ておきましょう。
    誤字脱字や変換ミスが無いか、失礼な文面になってないかを確認しましょう。

    ここで電話代を惜しんではいけません。


    ギブ・アンド・テイクの精神

    会議室に限ったことではありませんが、インターネットでは『ギブ・アンド・テイク』が大切です。
    他人の情報を読むだけでなく、自分から積極的に発言しましょう。
    また、自分の意見を書くばかりでなく、他の人の意見も読みましょう。


    第9夜・ネットニュースについて少々][ネチケット千夜一夜

    (注)
    このコーナーではアホリアSS個人の独断的な考え方も混じっているかと思います。
    ご意見ご要望などはメールでお願いします。


    E-Mail:roadist@nifty.com:アホリアSS宛


    Googleコマーシャル: