[ホーム][ネチケット千夜一夜]

第7夜 e-mail(3):メールのトラブル

SSの画

あのね。
電子メールでのトラブルには、操作や環境によるものと、対人関係によるものがありますね。


メールアドレスはよく見てね

当たり前の話ですが、メールアドレスが違っているとメールは届きません。
自分から送るときに『相手のメールアドレス』が違ってる場合には、後で送り直すことも可能なんですが……

自分が送ったメールに書いた『自分のメールアドレス』、つまり返信先アドレスが違ってるとどうなるでしょう。
『返信先アドレスが間違っているメール』が届いた場合、受け取った人は困るでしょうねえ。
特に『返事ください』などと書いてた場合はなおさらです。

恥ずかしながら、私も自分のメールアドレスを間違えたメールを出し続けて、半年間ほど気づきませんでした。
ホームページのURLも併記してたせいか、あまり問題にならなかったよーで気づかなかったのです。

それはさておき、私が普段使っているメールアドレスはこれです。
 roadist@nifty.com

よくある間違いは文字が違ってることですね。
ピリオド『.』と書くべきものを『,』とか『;』にしないように気をつけましょう。

それと、メールアドレスは半角で書きましょう。

  全角) roadist@nifty.com
  半角) roadist@nifty.com
宛先を全角で書いてるとメールは届きません。
また、ネットニュースや電子会議室などで『自分のメールアドドレス』を全角で書いていることもあります。
こーゆーのも半角で書きましょうね。『送る人が半角で書き直せばいい』という意見もあるでしょうが……


誤字脱字に注意

前回も書きましたが、メールを送る前に1度は読み直しましょう。

誤字脱字や変換ミスがないように、失礼な書き方になってないか気をつけましょう。


プライバシー

自分宛てに届いたメールを他人に見せてはいけません。
(送信者が許可してれば別ですが)

自分のところへ『他の人宛のメール』が間違って届いた場合、内容は読まずに破棄しましょう。


怒っている時は

もしあなたが何かに腹を立てているとき、他人にメールを出すべきではありません。
(グチを聞いてくれるメールフレンドがいるときは別)

感情的になっている時に書いたメールは、後で冷静になってから読むと、ひどく後悔する内容になります。

もしあなたが怒っているならば、メ−ルを書くのはしばらく控えて、頭を冷やしてください。
相手に非がある場合でも、メールで『怒りをぶつける』のは誉められた行為ではありません。

もし、相手の意見に対する反論や迷惑行為への対処などをする場合、冷静さを取り戻してから行動してください。


環境の違い

自分の送ったメールが相手が読めない場合があります。
メール全部が読めない場合と、メールの1部だけ読めない場合があります。

半角カタカナ特殊文字などの『機種依存文字』は相手が同じ環境でなければ文字化けになります。
また、相手が同じ環境であっても、送る過程で文字化けするかもしれないです。

 特殊文字

それと、「添付ファイル」も相手が読めないかもしれないので気をつけてください。
画像やソフトなどのファイルを添付した場合、相手が受信できる環境でないと扱えない……というのはわかりますね。

間違えやすいのが文書などを『添付ファイル』として送った場合です。
手紙の本文は相手が読めても、添付した文書ファイルを相手が読まないことがあるんです。
これは文字コードの違いによります。


メールサーバーのトラブル

メールを送った場合、相手のメールサーバーに届くまでの時間はわずかです。
そのプロセスをもう一度見てみよう。(←このネタがわかる人いるかなぁ)

 mail

イカリネットというプロバイダを利用しているシンジ君という人がいるとします。
シンジ君がナギサネットのカヲル君に電子メールを送ったとしましょう。

  1. シンジ君はメーラー使ってメールを書き、「送信」しました。メールはイカリネットのメールサーバーに入りました。

  2. イカリネットとナギザナットはダイレクトにはつながっていませんので、他のネットワークを経由しないといけません。
    イカリネットのメールサーバーは回線の混雑状況を確認しました。ソウリュウネットの経路の方が空いていると判断し、ソウリュウネットのメールサーバーに送りました。

  3. ソウリュウネットから、ナギサネットのメールサーバーにメールが送られました。

  4. カヲル君はインターネットに接続し、メーラーを起動しました。
    メーラーを使ってナギサネットのメールサーバーにアクセスすると、シンジ君からのメールが届いていました。

メールが届くプロセスはだいたいこんな感じです。
でも、メールサーバーが扱える以上の大量の情報が流れ込んだ場合、そのメールサーバーがダウンすることがあります。

上の図の例で、ソウリュウネットに大量のメールが流れ込み、ソウリュウネットのメールサーバーがダウンしたとします。
イカリネットからナギサネットへはアヤナミネット経由の回線が残ってるのでメールは送れます。
しかし、ソウリュウネットを利用しているアスカちゃんはメールが使えなくなって激怒しました……

つまり、不用意に大量の情報を流すことはインターネットのメールサーバーに負担をかけることになります。
ダウンしなかったとしても、極度に処理速度が落ちるかもしれません。
大切なメールが届かなくなることや、到達が遅れる可能性も考えてください。

画像やプログラムなどをメールに添付するのは必要最低限にしましょうね。


年賀メールなど

メールサーバーへの負担が大きくなる時期として、年賀状や暑中見舞いというものがあります。
他にもバレンタインデーやクリスマスカードというのもありますね。
この時期には、あなたもいつもよりたくさんのメールを送り、他の人たちから受け取ると思います。

プロバイダなどのネットワーク管理者も、この時期にはメールサーバーを強化して対処するかもしれません。
しかし、過信は禁物です。年賀状などを電子メールで送るのは控えた方がいいです。
とくに『画像付きメール』はすごく恐いですね。

年賀状などを電子メールで送る場合は、グリーティングカードを利用しましょう。
グリーティングカードは、一種のメール代行サービスです。


第8夜・電子会議室][ネチケット千夜一夜

(注)
このコーナーではアホリアSS個人の独断的な考え方も混じっているかと思います。
ご意見ご要望などはメールでお願いします。


E-Mail:roadist@nifty.com:アホリアSS宛


Googleコマーシャル: