[ホーム][ネチケット千夜一夜]

第5夜 e-mail(1):メールのしくみ

SSの画

あのね。
インターネットのもっとも基本的なサービスは電子メールですよね。
(WWWとかネットニュースを推薦する人もいるでしょうが)

今回は電子メールについてお話します。1回で書けそうにないので何回かに分けて書きます。


電子メールのしくみ

電子メールのしくみを簡単に紹介します。
(詳しいことは私も知らなかったりして)

プロバイダなどの各ネットワーク組織にはメールサーバーというコンピューターがあります。
メールサーバーは電子メールを送受信したり、ネットワーク間でメールの流れを中継したりします。

各ネットワーク組織にはメールボックスというハードディスクがあります。
これは各ユーザーの私書箱のようなものです。

例えばイカリネットというプロバイダに、シンジ君とゲンドウさんという人がいたとします。
シンジ君がゲンドウさんにメールを送る場合、以下のような手順になります。

 mailbox

  1. シンジ君がイカリネットに接続する。

  2. シンジ君がメーラー(メール用ソフト)を起動し、ゲンドウさん宛のメールを書く。

  3. シンジ君がイカリネットのメールサーバーにメールを送る。

  4. イカリネットのメールサーバーが、ゲンドウさんのメールボックスにメールを入れる。

  5. ゲンドウさんがイカリネットに接続をする。

  6. ゲンドウさんがメーラーを起動する。

  7. ゲンドウさんがイカリネットのメールサーバーにアクセスし、自分のメールボックスに届いたメールを受け取る。

同じネットワーク組織では以上のような流れになります。
メールボックスはプロバイダなどの中にありますので、常時接続してなくてもメールは届いています。
逆にいうと、メールサーバーにアクセスしなければ、自分の手元にメールは届きません。

さて、複数のネットワーク組織のことを考えてみましょう。

mail

イカリネットのシンジ君が、ナギサネットのカヲル君に電子メールを送ったとします。

メールは、各ネットワーク組織内のメールサーバーをバケツリレーのような形で転送されます。

上の図では2通り以上の経路が考えられますね。
最終的にはどれかの経路でナギサネットのメールサーバーに届きます。
カヲル君はナギサネットのメールサーバーからメールを受け取ることができます。

実際にはもっとたくさんのメールサーバーがあります。
だから同じ人にメールを出した場合でも、その経路は何通りにもなります。

また、途中の経路の中で誰かが見ている可能性もありますね。


メールアドレス

私のメールアドレスはこうなっています。

   roadist@nifty.com

@の右側はプロバイダなどの、利用しているネットワークを表します。
(プロバイダによって、この部分がすごく短いところもありますね)

@の左側は、そのネットワーク内の個人の会員番号ですね。


e-mailと電子メール

電子メールを英語でいうとelectronic mailで、略してe-mailですね。

ところで、あなたはパソコン通信の経験はありますか? 電子メールはパソコン通信でも利用されています。
パソコン通信では単に『電子メール』と呼ばれ、e-mailと呼ばれることはめったにないかも。


第6夜・e-mail(2):メールのマナー][ネチケット千夜一夜

(注)
このコーナーではアホリアSS個人の独断的な考え方も混じっているかと思います。
ご意見ご要望などはメールでお願いします。


E-Mail:roadist@nifty.com:アホリアSS宛


Googleコマーシャル: