[ホーム][ネチケット千夜一夜]

第4夜 インターネットのしくみ

SSの画

あのね。
ネチケットを知るとき、インターネットのしくみを知ってるとわかりやすくなります。
今回はインターネットのしくみを書きましょう。

実のところ、私も詳しい事を知らないです。(汗)
LANとかネットワークの知識は初心者向けの本を読んだ程度です。
(自宅のパソコンはWindows95/98のピアツーピアでつないでます)

内容に間違いがありましたら、ご指摘願います。


ネットワーク同士のつながり

パソコン数台をつないだ小さなネットワークを考えてみましょう。
(LANとか呼ばれるものもあります)

 LAN

サーバーというコンピューターがあって、これに各コンピュータがつながっています。
サーバーはネットワークを管理するもので、ホストコンピューターともいいます。

インターネットはこの小さなネットワークがお互いを結びあったものです。
ISP(インターネットサービスプロバイダ)もこのネットワークの1つです。

 Internet


専用線と普通の電話線

大学などのLANでインターネットにつないでいる場合は、『専用線』というものでパソコンがインターネットに常時つながってるそうです。
普通の電話回線と同じ物ですが、24時間つながりっぱなしです。電話料金は結構かかるようです。
当然、プロバイダなどのネットワーク組織も、お互いを専用線で結んでいます。

これを読んでいる人のほとんどは、モデムターミナルアダプタなどの装置を使ってプロバイダにつないでいると思います。
利用時に一時的に接続して、使い終わったら接続を切るというものです。この接続を『ダイヤルアップIP接続』というそうです。

蛇足ですが、ダイヤルアップの環境が『イターネット』と称されることもあります。
インターネットは、元々は全ての端末が専用線で結ばれていました。

ダイヤルアップは専用線に比べて、できることが制限されるようです。
だから、専用線を使う人はダイヤルアップを『偽のインターネット』というニュアンスで『イソターネット』と称することがあります。


情報の伝達

あなたが読んでいるこの情報は『@ニフティ』というWebサイトにあります。

もしあなたが@ニフティ以外のネットワークからこれを読んでいるとすると、色々なネットワークを経由し、
最終的にはあなたが利用しているネットワーク(プロバイダ等)を辿って、あなたのパソコンに届いています。

つまり、インターネットでは色々なネットワークを経由して、あなたのところに情報が送られてくるわけです。
途中の回線が込んでいれば、もちろん反応が重く(遅く)なります。


インターネットでの規則

さて、ここであなたが関わっている規則を考えてみましょう。

インターネット全体を統括している責任者というものはいません。
個々のネットワーク内で独自の規則があるだけです。

たいていのサービスプロバイダには契約書とか会員規約とかいうものがあるはずです。
とりあえず、規則というものはこれだけです。
(もちろん、著作権法とか猥褻物に関する法とか、日本の法律なども関わってるでしょうが、これは別の機会に)

以前も書きましたが、ネチケットは規則ではありません。
プロバイダの契約に『ネチケットを守りなさい』なんていう記述はないと思います。
ただし、ネットニュースやメーリングリスト等を利用する時や、ホームページ内の電子掲示板やチャットルームなどを使う場合、そこに独自の規則や慣習があるかもしれません。


課金とは

多くの人はサービスプロバイダに課金(使用料)を払ってますよね。
そして、サービスプロバイダのアクセスポイントにつなぐため、NTTなどの電話会社に電話代を払っているでしょう。

インターネットを使ってる人の中には、「オレは金を払ってる客なんだ。どう使おうがオレの勝手だ」という考え方をする人もいるかもしれません。
まぁ、その人の考え方をどーこー言う気はありませんが……

ただ、自分がつないでいるサービスプロバイダの内部のサービスだけでなく、インターネットでは多くのサービスを利用しているはずです。
ここは『共同利用の場』だということを忘れないでほしいものです。


まとめ

先にも書きましたが、インターネットのしくみを知ってれば、ネチケットがわかりやすくなります。
(私には詳しく書けそうにないですが)

インターネットとは何か、とかいう書籍はどこの書店でも見つかると思います。
どれでも1冊読んで見ることをおすすめします。


第5夜・e-mail(1):メールのしくみ][ネチケット千夜一夜

(注)
このコーナーではアホリアSS個人の独断的な考え方も混じっているかと思います。
ご意見ご要望などはメールでお願いします。


E-Mail:roadist@nifty.com:アホリアSS宛


Googleコマーシャル: