[ホーム][阿呆理我民芸展][言葉の豆知識:何か誤用?]

何か誤用?/ことわざ

ラディー

「ここでは、ことわざや慣用句・故事成語についての誤用を解説します」


怒り心頭に発する(いかりしんとうにはっする)

「激しく怒る」という意味ですが、「怒り心頭に達する」と書くと間違いです。

友人は「怒り心頭にハッスル!ハッスル!」と言ってましたがどういう意味だろう……

親の鏡を見て子は育つ

こんな言葉はありません。
『子は親の背を見て育つ』と『子は親の鏡』が混じっているかも。

秋ナスは嫁に食わすな

ナスビは水分が多く、食べると身体を冷やすことになります。
そこで、お嫁さんの身体を気づかってできた諺です。

他に、ナスビは種がない(小さくて見えない)ので、食べると子供ができにくくなるというジンクスもありました。

いずれにせよ、この諺は「姑の嫁いびり」でできたものではありません。

君子豹変(くんしひょうへん)

立派な人だと思ってたら、いきなり人が変わったように変な行動を取り始めた……
などの意味で使うと誤用です。

立派な人は自分の間違いを改めて、常に自分を改善・向上させている、という意味です。

地震・雷・火事・オヤジ

古来からの「恐ろしいもの」を並べたものです。
最後のオヤジは、元々は父親のことではなく大山嵐(おおやまじ)=台風のことだそです。

昔は親父が「怖い存在」だったのでこういう誤用ができたのでしょうが、
最近は親父の威厳が乏しくなってきたような気もしますね。

男女七歳にして席を同じゅうせず

7歳になったら、けじめをつけてみだりに馴れ馴れしくしない、という意味です。

ちなみにここで言う『席』とは、椅子ではありません。
『むしろ(ゴザ)』のことで、昔は布団のように使っていたものです。

とある書籍で『男女7歳にして同衾(どうきん)せず』というセリフがありました。
同衾というのは、同じ布団で寝ることであって妖しい意味ではありません。
まぁ、7歳の男女がそんなこと(謎)をするわけが……

情けは人の為ならず

『他の人に親切にした場合、いつか巡りめぐって自分にも良いことがある』という意味です。
親切とは、他人の為だけでなく、最後には自分自身のためにもなるってことです。

よく勘違いされるのは、逆の意味で使われることですね。
私自身もこのことわざを『他の人を甘やかすのはよくない』という意味だと思ってました。

目端(めはし)をつける

適切な判断をする意味の『目端が利く』という言葉と、
見当をつける意味の『目星をつける』という言葉が混じってますね。


バナー:何か誤用?
[何か誤用?:トップメニュー]


[アホリアSSの館]
E-Mail:roadist@nifty.com:アホリアSS宛